Skip navigation

Category Archives: work

 

扉 全体

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西荻窪  ピザ屋さんの扉

サイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年明けから、モノを作って、お客様の喜ぶ顔に出会えて幸せです。

 

 

年明けからのお仕事にひと段落。

週末は大雪にはならなかったので、二人で ボー っ と。

温泉に行きガタガタな体をほぐし、

生ビール。

 

次の日も天気が良かったので、河口湖へ。

Buddyの大はしゃぎ。

大はしゃぎ 河口湖

 

 

 

 

 

 

 

 

『ぴょん、ぴょん、ぴょん。』

かわいいな~

 

西湖

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カヤックをやる、西湖。

 

寒いのに、水の中に入るの~

元気な姿が私たちの喜びだよ。

 

ゆっくり休息しました。

 

__________________________________________________________

 

鎌倉にまたまた素敵なお店がオープンしました。

「Rans the Sun & Moon」

 

昼は  『Rans the Sun』   でランチを
夜は  『Rans the Moon』  で LIVE and DINER

パーティーやらライブができる、楽しい楽しい場所。

 

TOKIWORKSは 入口の扉 ・ トイレの扉とミラー ・ ワインセラーの扉 をお手伝いさせていただきました。

 

入り口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真だとサイズ感がわかりませんが、大きいです。

W1000H2200  材料はレッドオーク

存在感と迫力は凄いです。

ライブハウスにもなるので、防音効果も考え厚みは40ミリ。重かった~。

無垢の木の凄さをまたまた実感。地下なのでなかなかわかりずらいですが、多くの方にこの扉を開いてもらいたいです。

扉の中には素敵な空間が広がりますヨ。

 

 

トイレ 入り口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレの扉。

女の子は、正面に白い扉。( ブラックチェリー;桜 )

男の子は、黒い扉。( ウォルナット )

目で見てわかるようになっています。

トイレをこだわっているお店って、いいですよね。

安心する場所というか、トイレの神様がいるんですかね。

 

幅は狭いのですが、高さが2200。

日本では見ないサイズなので、なんだか外国にいるみたい。

 

 

トイレのカギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

打ち合わせの時点で必死に探していたのが、トイレのカギ。

 

『パブのカギはやっぱりこれじゃないと。』

イギリスに少しいた相方は、どうしてもこれを付けたかったようです。

 

 

 

取っ手

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取っ手はこんな感じに。

 

 

トイレ 設置

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女トイレには、ミラー。

今回のお店はのテーマは、工場。

ミラーはそのイメージに合わせました。

 

 

鉄板

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アトリエには、いろんなものが転がっています。

この材料は、工場の床に引いていた板をいただいたもの。

 

女で鉄屋さんをしていることに興味を持ち、いろんなおじちゃんと友達になります。

溶接をしたお礼に、古い鉄の材料を持ってきてくれたり、イノシシの肉を持ってきてくれたり。

と、ローカルで面白いおじちゃんたちと出会うことができるのも、この仕事の楽しみ。

 

アトリエは、片づけても片づけても、いろんな材料がやってきてきれいになりませんが。

お互い 『どうにかしてくれ。。。このゴミのような材料。。。』 と心の中で思いながら。暗黙の了解で増えています。

 

 

枠

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製作中。

 

タンニン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

錆を落ち着かせるために、お茶の葉で作ったおはぐろを塗ります。

そして、最後に蜜蠟で仕上げ。

 

形になり、人目につく場所にお嫁入りし、材料も喜んでます。

 

 

オープンのお祝いの品を悩みに悩み、

こちら、

 

鹿の骨オブジェ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の春、Buddyが山の中で見つけた鹿の角。

いい場所に、飾っていただきました。

Buddyでかしたね。

 

ライブハウス デビュー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『私、ライブハウス デビュー。 嬉しい~  。

上手く踊れないけど、走りまわっていいかしら?』

『山もいいけど、鎌倉の夜も楽しかったワン』

 

 

鎌倉に行った際は、是非寄ってみてください。

 

______________________________________________

 

 

 

 

全体

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エントランス入口の庇を取付けに行ってきました。

今回のお客様は、2年前に載った「ザ・山梨」を見てのご依頼でした。

ありがとうございました。

 

ズーム

 

 

 

 

 

 

 

 

内側

 

 

 

 

 

 

 

高さ2m40㎝ 奥行きは2メートル。

取付けに什器を入れなくてもつけられるよう、

また、後つけになるため、壁の下地の強度等考え、

軽い材料で、重くならないよう作りました。

私の動かせる重さ範囲内。

 

曲げ

 

 

 

 

 

 

 

曲げ

 

組み立て

 

 

 

 

 

 

 

 

組み立て

 

ここで、メッキに出しました。

 

 

ポリか 穴

 

 

 

 

 

 

 

 

ポリカの穴あけ

庇のポリカーボーネートは5㎜の板。2枚で20㎏。

 

塗装。

アトリエでの製作、ポリカ加工、塗装で1ヶ月

途中、メッキ加工に2週間。

大きな仕事でした。

_________________________________

 

 

 

年末に入り、 BARのエントランス工事が入りました。

無事納まりました。

 

エントランス

 

 

 

 

 

 

 

窓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

迫力のある扉は、無垢の板を3枚そのまま使っっています。

扉 材料

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの材料が、相方の手にかかると、あのような扉に。

製作図といっても、相方のイメージ図のみ。

私は、どのような扉になるのか、想像できず、鉄の金物を作るのにまったく手が動きませんでした。

 

久しぶりの、徹夜をし、できあがりは、出発時間。

仕事納めとしては、過酷なものとなりました。

 

「俺を殺すきか!!!」 と、50を過ぎた相方に激怒されました。

 

こちらのBARの改装前は、

前2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も、一年、おかげさまで良い仕事をさせて頂きました。

ありがとうございました。

 

明日は、仕事場の大片付けと餅つきの準備。

今年最後の大イベントへ

 

2年間に載った雑誌を見て、甲府の方から電話がありました。

今、デザインを書いている最中。嬉しいです。

良い出会いになりますように。

 

先週は、納品とメンテナンス、フェンス工事と、毎日出ていました。

1年前に納めた看板のメンテナンスのために鎌倉へ。

 

看板 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小町通りの 「RANS」

雨・風・太陽の日差しにさらされ、雰囲気が出てます。

今回は、ランプの調子が悪くなり、メンテナンスに行ってきました。

工房から100㎞の場所ですが、高速ができ近くなりました。

 

 

仕事でいろんな所に行けるのも楽しみ。

久しぶりに “海” をみてきました。

海鮮丼

 

 

 

 

 

 

 

 

ランチに、逗子マリーナの近くにある定食屋さんで海鮮丼。

午後は、下北沢へ。

 

道中 Buddy

 

 

 

 

 

 

 

 

この道は、「談合坂のDOGラン」 に行くのかしら。

でも、いつもの高速道路とは、なんだか様子が違うわ

まだ、家に帰れないの。。。

 

 

_______________________________________________________

あっという間に、11月。

9月の珪藻土塗りから、ブログもとまってしまいました。

完成した寝室以外はまったく変わらず。まだまだ現場の状態。2回目の冬に突入です。

アリとキリギリスのキリギリスのような私。

 

10月は、長く時間がかかってしまいましたが、ポストの納品が無事に終わりました。

 

 

全体

 

 

 

 

 

 

 

 

表札

 

 

 

 

 

 

 

奥様の好きなトンボが飛んでいます。

 

 

トンボ

 

 

 

 

 

 

 

 

ポス正面ト 

 

 

 

 

 

 

 

 

木の実をイメージしたポスト。

冊子や回覧板など大きなモノもすっぽり入ってしまうサイズです。

銅板の色は明るく、錆の心配が少ないのでポストにはよく使います。

 

ポスト 裏

 

 

 

 

 

 

 

 

裏は、銅板のそのままの色。

毎日新聞を取るのが楽しくなって頂ければと思います。

 

今回、初めて私が住む大月の町、地元のお客様。

ありがとうございました。

 

 

_______________________________________________________________________________________________________________________

多くの方にきて頂き、無事に終える事が出来ました。

ありがとうございます。

色々な出会いにより、また次への励みとなりました。

来年は、10回目の節目。

がんばりたいと思います!!!

 

今回、Buddyのお友達、 リン・鈴・ベル と お兄さんも見に来てくれました。

記念写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1歳と5ヶ月の兄(スパイク;19㎏)と妹(Buddy;13㎏)。

去年は、一回り大きい兄さんでしたが、もう3倍の大きさ。

Buddyがとっても小さく見えてビックリ!

同じ親から生まれてきたとはねぇ~

筋肉だけは負けてませんでした。

(嬉しくないな。。。。)

 

Buddyも幸せなイベントでした。

 

___________________________________________

 

あきる野「茶房ギャラリー土籠」での展示会も、今年で9回目となります。

 

独立してスタートしてから、多くのお客様に支えられてここまでやってきました。

ありがとうございます。

 

初日以外は毎日います。

プリント

 

 

 

 

 

 

 

 

裏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大雪により仕事が遅れ、この1週間、生まれて初めてのギブスをする怪我をしてしまいました。

考え事をしながら犬の散歩をしていたら、突然引張られすってんころり。

とりあえず、すぐに湿布をして鉄を叩いていたのですが、痛すぎて膝を曲げることは出来ないし、真っ直ぐ立っていても膝がねじれて激痛。

夜になると痛すぎてまったく歩けなくなってしまいました。

 

さすがの私も、病院に行き見てもらうと、「膝の半月板損傷と靭帯損傷」。

安静にするか、「当て木」か、「ギブス」と言われ、とにかく膝を固めて欲しかったので、迷わずギブスを選びました。

足が固定されるので痛みがまったくなくなり、安心して仕事を続けることが出来ました。

ギブスをして大喜び。これが手でなくて助かった~。

 

明日、搬入なので、ギブスをとってもらいました。

怪我も治りが遅く、後遺症が残るような年齢になってきたので、気をつけないといけない事を身をもって実感しました。

2年前でしたが、相方は、仕事の疲れで古傷が痛み、1年の内3ヶ月ちかくも寝込んでいました。

恐ろしくなってきます。他人事でなくなってきていて、ストレッチというかリハビリが必要な年齢になっていること。

 

駄目な私ですが、皆様とお会いできることを楽しみに準備しています。

 

 

 

ジャンプ Buddy。

 

 

 

 

 

 

 

 

「山はまだ50㎝位の雪が積もっているの。

仕方ないから、今は、お母さんとお父さんが作ってくれたランで遊んでる。

泥だらけになって、私の白い模様が土色になるんだけど、怒られないんだ。

楽しいよ~

 

遊んだあと、お風呂場に連れてかれて、洗われるのがちょっと嫌なんだけど、私」

 

 

気持ちの良い天気が続いています。

3/7~3/11まで、

国立の 「 LET’EM  IN  ROOM  103 」で行われている、

「こびとのいえ」 さんのイベントに参加。

無垢の板の天板。木の器。

鉄の燭台や花器、ポストなど、展示販売しています。

色々な体験も行っています。

 

私達は、11日(火)、会場にいます。

是非お時間ありましたら、遊びに来て下さい。

お待ちしています。

 

10日(月) Flowers & Plants PETALさんのフラワーアレンジ

11日(火) は、私の 「オリジナル スプーン作り」です。

ハンマーでスプーンを叩いて、楽しい模様をつけます。

参加費; 1000円

 

 

ちらし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回参加している Flowers & Plants PETAL さんは、私達の結婚式のフラワーアレンジをして頂いた、素敵な素敵な花屋さんです。

 

カラーのブーケ / 男性の胸につけるブートニア

ブーケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

髪飾り

髪 飾り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生花の髪飾りは、ヘアーメイクの方にも、すごくほめて頂きました。

あ~、懐かしいです。またあのお姫様気分になりたいな~。

 

ハンマーばかりふっているから、ますます逞しい肉体に。。。

 

 

 

花 雰囲気

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな古い料亭で行なったのですが、PETALさんの花で、和の雰囲気が、和モダンに変わりました。

私の、下手な説明だけで、花の内容は全くのお任せ。

あの時は、ありがとうございました。

 

花

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、ROOM  103 の入口で花屋さんを開いています。

会えるのが楽しみです。

 

____________________________________________________________

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突然の仕事依頼。

「錆た鉄板で看板の切り文字、出来ないかな???」 と電話がありました。

「良い風合いまではなっていないけど、やっと錆始めたような板ならあります。。。」と。

工房の外に置いて、ちょうど1年たった板。

鉄の表面を覆っている、クロカワがはがれ、何となく全体が赤茶色に。

 

今回は、有名な会社の看板なので、私がプラズマという機械で抜いた味わいのある文字ではなく、レーザー加工機で抜いたきっちりとした文字仕様。

レーザー加工の機械は、精密機器なので、こんなに錆びた板をカットしてもらえるかな~無理だろうな~、断られるよな~と、弱気でした。

とりあえず、人に聞いたり、タウンページで調べては、電話。

 

工房から近い工場の社長さんが、話を聞いてくださり、「持ってきて見てからでないとなぁ」 と言って頂き、すぐに板を軽トラに積み行きました。(工房から10分)

飛び込みの面倒な仕事にもかかわらず、対応して下さり、「こんなに錆ていたらな・・・」 と引いた顔をされましたが、社員のかたと話しながら、錆びた板のまま、機械にセットしてくれました。

社長さん、スタッフの方々、本当にありがとうございました。

 

地元で、良い出会いをさせてもらい、感謝です。

 

 

早速、切り抜いてもらった文字に留め金具を溶接して、再び錆らせます。霧吹きで水をかけ均一に錆させます。

次に、この赤錆を黒錆びにします。

お茶を煮出した液を使います。 この仕上げは、先輩から教えて頂きました。

“タンニン” の成分が赤錆と反応して黒くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左側の赤錆の板が、黒色に反応しています。

体に害のない材料を使って、化学反応させることは、すごい。

薬品で科学反応させるモノとは違って、優しい表情になっているように感じます。

 

今回、ネットで 「黒錆び」 と調べると、2つの薬品が出てきました。

両方とも簡単に手に入るのですが、一つには、「発がん性部質を含む」 と口コミされていました。

 

鉄をいじり始めて気になることは、塗装ではシンナーを使い、錆らせるために、強酸性のものを使ったり、、、

体に悪いモノを使っていること。

なるべく使いたくないですよね。命と引き替えに働いているよう。

長く続けるためにも、体に良くないものは減らしていきたい。

 

最後に蜜鑞を塗って完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一週間と短い納期でしたが、なんとか間に合い、ホッとしました。

________________________________________________