Skip navigation

コロナ禍の中、月に1件程ですがお仕事がありました。

以前収めた ダイニングテーブルと同じオーク材でつくった収納棚

玄関先のリース掛け

ありがとうございました。

自宅時間が長くなり、心地の良い空間って大切ですね。

また、家にいるからこそ、色々と考えられますね。

皆様のお手伝いができ嬉しいです。


 我が家は3年前から、お風呂場で大量の羽蟻が発生する様になりました。

生活の必要箇所からのリフォームなので、引越して10年目。

やっとお風呂場にたどり着きました。

 築40年。 小さな風呂釜にタイル。「the 昭和」

10年使うと、傷みが出るのか?

別荘なので手を抜いた工事なのか?

田舎での40年前の工事はこんなもんなのか?

理由はわかりませんが、洗い場の床と壁のタイルの解体をすると、土台の木は全て腐っていて、白蟻の巣。

追い焚き の菅の隙間からネズミが入り、ふろ窯の下はネズミの寝床。

山ねずみなので、親指ほどのサイズです。

驚く事の連発でした。

「昔から、家の外壁を壊すことは、結界が崩れて悪い運が入ったり良くないと言われるんだよ。気を付けろよ。」

と相方に言われました。とはいえ、運気とか風水とか神とか・・・
気にしたことはありません。

今は仕事も少なく、出かけることもないので、友人に教えてもらった朝ヨガに挑戦したり元気そのもの。毎日銭湯通い。

が、やってしまいました。

朝のBuddyの散歩中、一緒に走ったりジャンプしたり若いことしていたら、Buddyが私の足元を横切り、足が絡み転倒。

「ボリっ」と音が。

相方に続き、私も日曜日の救急で市立病院に駆け込みました。

左足首、腓骨骨折。

月曜日に再度行き診察してもらうと、
「手術して入院。リハビリ。2ケ月見て下さい。」

昨日は綺麗に折れていた様に見えましたが、もうずれています。

時間が経つとずれていき、そのままくっついていく様です。

初めての骨折。甘く思ってました。

楽しい楽しいリフォームに心弾み、

まるで子供が遠足前にはしゃぎすぎて怪我していけない感じ。

がっくし、がっくし、、、。

私はがっくしですが、工事を丸投げされ、私のご飯も作って、洗濯、掃除。Buddyの散歩。

「このやろ〜」ですよね。

相方には、申し訳ない。

じっとしていて、移動しようと思うと両手は松葉杖。

悲しいくらい何もできないんです。

早く、病院に逃げ込みたい。

とりあえず、

水とお酒、塩でお清め。

「怪我なく、無事に工事が終ります様に」

風習とは、何か気づかせてくれる大切な事ですね。

申し訳なさ一杯。

入院当日、

「病院はコロナで危ないから早く戻ってきなよ。

ここの場所で、親しくしている若者もいないし、結局、お前と俺だけ。

手術して良くなったら、押さえてもらったり色々出来るからね。」

そう言ってくれると、帰ってきやすい。

そして、お風呂工事の最初の大仕事はモルタル工事。

既存の浴槽があった部分と、大きく増築する部分にモルタルを打ちます。

おおよそ1㎥。人力では無理ですし、ミキサー車を呼ぶのもちょっと、、、。

私のお詫びと入院前のミッション。

これは、以前左官屋さんから貰ったミキサー。

結構重い。

私より重いと思うが、この機械を2人で十数段ある階段下より引き上げました。

3日間で結構松葉杖にも慣れてきました。せめてものお詫び。

私は杖を使いながら、片足で踏ん張り、相方ももの凄い力出してました。

階段に座り込んでみたり、あの手この手で何とか設置。

腰、大丈夫だったかなぁ。

これで安心して入院できます。

やはり、怪我しようが、職人ってこうなんですね。

後は、よろしくお願いいたします。


手術してきます。

お風呂が出来上がる頃、戻ってきます。

今年は、怪我が続くTOKIWORKSです。

皆様にも、ご心配おかけしています。

昨日、我家の山桜が満開になりました。

今日から天気が崩れると言うので、何だか残念。

コロナの感染力が猛威を振るっています。

私達は普段から家に居ると全く人に会いません。

鳥の鳴き声と、自然の生命力に助けられてる気がします。

が、

一昨日、相方がお風呂で転び、右腕の肘から手首の間を切ってしまい、夜、市立病院にかけ込みました。

ちょうど先生がいて、怪我してから1時間も経たずに縫ってもらい一安心。

毎日ニュースを見ることで、コロナの感染者数、政府の対応、正しいことができず、上に従う公務員、家に居ない人・・・・。

コロナの恐怖、苛立ちに、心は平らでなかったんですね。

「何で?」と思うような事が起きると言う事です。

皆様も慣れない生活に大変でしょうが、心のメンテナンスにお互い気をつけていきましょう。

相方は、抜糸ができる2週間は休養となりました。

今回、「東京だったら・・・。」と何度も頭に浮かびました。

わが町は人口2万を切ろうとしていて、市立病院は数年前綺麗になりましたが、赤字続きで存続が厳しい状況。

その日は、八王子(東京)から夜勤の先生がきていました。

ドクターは、ほとんど居ません。

感染者の受け入れ病院ですが、まだいないのでいたって平和。

家に戻りニュースを見ると、山梨は、コロナ病床数50%、一部80%となっています。

この町に一人でたら、おしまい。

「他県ナンバーを見かけますが、人と接触せずに帰れ!」

「道の駅に来るな〜」が心の声。

いけない、いけない。

「心穏やかに」が合言葉。


梅の枝。実ができ始めてました。

____________________________________

15回目を迎える展示会でしたが、コロナの為、中止とさせて頂きました。

中止を決めてから1週間経ち、急速にまた悪化しています。

皆様もくれぐれも、手洗い・うがい・密集した場所に行かない。

お気をつけてお過ごし下さい。

終息し、お会いできる日を楽しみにしております。


犬も猫も感染するらしいワン。

私のマスクあるのかしら。。。

____________________________________

あけましておめでとうございます。

昨年末は、皆さまに励まされた年でした。

今後、脱走させないよう気をつけていきます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



Buddyは12.2Kg。元気一杯です。

以前にはなかった食意地がすごいです。

調子がいいので2食に戻すと、まだダメ。

3食でパピーのドックフードです。

お風呂にも入れて、ノミ・ダニを洗い落としたので、寝室にも出入り解禁。


年末の餅つきは、笑顔で皆様を迎えられました。

来る友達も、

「どんな顔してくればいいか不安だったよ。」

ごもっともでしたね。



今年も大分の無農薬「喜び米」5分付き玄米

心温まる音頭に合わせ、

「そ〜れ」

「おいしょ〜 」

「お疲れ様〜」

3時24分。25Kg つき終わりました。

「ありがとう! Buddyの捜索でも、ありがとう!!!」

友人達に囲まれて、幸せの私達2人+1でした。


    ・  ・  ・ 

Buddyに会いに、体調がまだ良くないサーシャさんが来てくれました。

革の作家さんで、相方の友人。

Buddyのリードと首輪を作ってもらいました。

Buddyが家にやって来た時、夫婦でブレスを頂きました。

ここにリードをつけれるようになっています。

今回の騒動で、Buddyはダブルリード。

1本はブレスに、もう1本は手に持って。

今まで飾っていましたが、これからは必需品。

犬具を作っている方は、7年前から私達に伝えてくれていたのに、私達はこんな事になって、やっと気づきました。

サーシャさん、ありがとうございます。



友達の子供、そらちゃんが作ってきてくれました。

宝物です。ありがとう!!!!!慰霊碑にならなくて本当によかった。





元旦は、天気も良く、初遊び!

沼津にGo!

大満足だワン!

反省してます。

ご心配お掛けしましたワン!

____________________________________

18日目の朝、「多分、ポスターの犬がいるよ!迎えにきて」と連絡が入りました。

我が家から2キロ離れた山から下りて、屋根付きの資材置場に丸まっていたそうです。

近くの方が、4時頃飼っている犬が鳴いていたと言っているので、早朝に山から里に降りて来たと思います。

ドキドキしながら行くと、白と黒のBuddy! も〜、うれしい!!!

「Buddy!」と叫びハグすると、いつもと変わらぬ笑顔。わたしが泣くので、顔のあたりをペロペロ。

体はガリガリ。

触ったら骨が折れてしまうのでは?と一歩引いてしまう程でした。

首輪とリードはついたままでしたが、奇跡的に怪我ひとつありません。

よく頑張ったヨ。

お帰り。


バリケンにいれるとさすがにホッとして、家についても全く出ようとしません。

ドライフードでは駄目だと思い、近所のおじいちゃん犬、マロの柔らかいご飯をあげました。

そして、直ぐに動物病院へ。

14.5Kgだった体重は10Kg

体温が低体温でしたが、その他に異常はなかったので、血液検査はしませんでした。

とりあえず、のみ・ダニ用の薬を首元にさし、点滴のような、栄養材を首に補給しました。

1週間後に、便の検査をして、寄生虫や疥癬に感染していないか調べる事になりました。

体力が弱っているので、体も洗わないようにとのこと。

のみ・ダニを落として、体につけてきたイノシシなどの獣臭を消したかったのですが、とりあえずタオル拭き。

寝室で一緒にねれないのは寂しいですが、しばらくの間、リビングのみ自由。


ホッと一安心。

この日は、1日かけて、ポスター剥がし、声を掛けた方々に

「見つかりました。ありがとうございました」のお礼まわり。

富士吉田市から、勝沼市、笛吹市と広範囲にお願いしたので、1日がかりでした。

でも、Buddyが戻って来て、やっと生きた心地がしました。

ご飯が美味しく頂けるようにもなりました。


Buddyは、

「ご飯を頂戴!」「もっと頂戴〜」「これだけなの?足りない〜!」

食後は爆睡。眼が覚めると、

「散歩に連れて行って」


帰って来て大好きなランで穴掘り。遊ぶ事に貪欲なBuddyに目がテン。

ガリガリになっても、こんな無邪気に遊ぶ姿は、痛々しく涙が出そう。




今回 、Buddyが下りてきた場所は、ちょうど日曜日に私達が歩いて探した場所でした。

以前書いたブログを見て、ボーダーコリーを飼っている方が、犬と一緒に探しに来てくださり、体力、精神的に疲れていた私達は、探す元気を頂きました。

日曜日は、友人が

「探すの手伝うぞ〜。絶対みつかるから!」

と言って、朝から捜索を手伝いに来てくれました。

「笹子駅と初狩駅で登山する人に直接チラシを配ったら?」

とアドバイスをもらい、7時からチラシ配り。

初狩駅には、バスで登山客が来たりと、驚いた光景でした。


「見つけたら、連れてくるよ!」

「縛る紐があるかな?」

「チラシ下さい」などなど、

温かいお言葉を頂き、朝からものすごい励みになりました。

『この方々が、山に入ってBuddyの事を探してくれている』と思うと、元気が出ます。

その後、友人も。山の頂上から下山しながら、双眼鏡を使い捜索。

私達は、山の下の部分を歩いて探しました。

「上からと下から探せば、必ず見つかる!」「見つける!」

と、強く思うことができました。

帰る途中、畑にいたおばあちゃんにチラシを渡すと、

「そういえば、この前、あの山の左側で鹿と犬が鳴いていたさ。

夕方だったから、こんな遅くに猟師は山に入らないしおかしいな?と思ったんだよ。」

と初めて、「あれ、」と思った情報でした。

休憩後、4人でその場所の山に入って捜索しました。

何時間も歩いた場所からBuddyは下りて来ました。

Buddyには、匂いとか、何かが伝わったのでしょうか?

以前脱走した時、ここら辺から甲州街道に出て、車を何台も止めて怖い思いをして歩いた事があったので、里に下りれなかったのか?

ただただ、遊び疲れて、「もうダメだ〜」と我に返って下りて来たのか?

どんなだったかは、Buddyにしかわかりません。

友人と探した 12月8日は、Buddyの7歳のBD。

2人では泣けてしまうので、友人に付き合ってもらい

「Buddyの生きる力を信じて、Happy Birthday !」

皆さんの励まし、応援の甲斐がありまして、

ちゃんと、お祝いができます。

感謝いたします。

本当にありがとうございました。

雪が降る前に、見つけ出せてよかったです。

今後こういう事が起きないよう、反省して飼主がBuddy以上に賢くなっていきたいです。



始めの2日間は、食べて寝て、ランで遊んで、食べて寝て、ランで遊んで、、、

の繰り返しでした。

ロングリードで山に遊びに行くと、始めはフラフラ歩いていて、

「大丈夫かな〜」と心配していると、

動物の気配を感じた瞬間に、ものすごいスピードで走り始めます。

こんな姿を見ていると、

やっぱりBuddyは、山で楽しんできたんだね。

野生の部分が、磨かれちゃったな、、、

あ〜、恐ろしい。


____________________________________




18日目の今朝、

山を越えた里に降りて来ました!

リードはついたままでしたが、怪我もせずに無傷です。

皆様ありがとうございました。

体はガリガリですが、瞳はしっかりしています。

取り急ぎ、御報告致します!

感謝いたします。


只今、Buddy(バディー)捜索しています。

11月23日の AM 8:00頃、朝の散歩中にリードが手から離れて逃げました。

そのまま山の中へ、シカを追っかけに行ってしまいました。

相方と2人で早朝から夜中まで探し歩きましたが、まったく手がかりなし。

その後、BCRN(ボーダーコリーレスキュ)の方、地元の陶芸家の方などの力を借り、SNS、インスタ、ツイッターなどに情報を流していただきました。

郵便配達の方、クロネコ、佐川の方。大月市初狩町、笹子の方多くの方に探してもらっています。

今は、大月市内、都留市内全域。西桂町、笹子峠を越えた甲斐大和にもチラシを配り始めました。

まだ、情報は何一つでません。

ボーダーコリーはとても体力のある犬種。その中でもBuddyは毛が短いスムースタイプでピカ一の体力と運動神経の持ち主です。

「20キロ、30キロでも走ってしまうよ!」とも言われました。

「まさか、笹子峠を越えてしまったのか、、、」まったくわかりません。

私の住む、大月市初狩町中初狩 (甲州街道初狩小入口より車で4分) の山から、尾根伝いにいくつか登山道があります。

初狩-鶴ケ鳥屋山-笹子、

矢立の杉から旧甲州街道、

甲斐大和市から旧笹子峠へ、

まだ笛吹市方面は調べてはいません。

今シーズン、まだ登る方、

是非、初狩、笹子周辺の山に登って下さい。

Buddy(バディー)が丸まって木の陰にいないか、ふらふらしていないか、見ていただけないでしょうか?

休憩の際は、名前を呼んでみていただけないでしょうか。

この時期、クマもまだ出ます。鈴をお持ちください。

落ち葉で登山道が分かりずらくなっている個所もありました。くれぐれも、気を付けてください。

どうかお力をお貸しください。

      。

      。

      。

Buddy

メス 7歳

中型犬

顔の柄は、センターよりずれた位置に白いラインが入っています。

首周りは白。

手、足の先は白。

ボーダーコリーですが、毛は短いです。

カワイイ感じではありません。

人懐こいので、名前を呼べばシッポを振って、近寄ってきます。

噛む事はしません。

緑色の首輪と赤白のリードを付けたままですが、外れている可能性があります。

現在は、写真よりもやせています。汚れています。

見かけた方がいましたら御連絡下さい。

森 090−5990−3909 (土・日曜日:090−7704−4694)

________________________________________________________________



激しい波も、明け方まで降っていた雨もやみました。

空気がすんで、気持ちが良い!

今回は天気に悩まされたので、こんな素敵な朝を迎えられて感動!


やっぱり富士山にテンション上がりました。

夏の時期は、雲が湧いて日中はほとんど姿を見せてくれません。

貴重な朝のひととき。

こちらのキャンプ場からの富士山は1000円札のモデルとなった場所。

早朝のカヤック。

静まりかえった湖面。

気持ちよかったです。まさにリフレッシュ。


本州の湖の中で一番の透明度。

ここの場所が、とっても綺麗でした。

カヤックとSUPでしか来れない場所。

ここも、カヤックでしかこれない場所。

湖面の深さを確認して、じゃーんぷ。

カヤックで、楽しい岩を見つけて飛び込むのは、特別感たっぷり。




今回の私達の基地。


2日目も、本当にいい天気。

早朝から遊び、お昼には遊び疲れ、、、

簡単昼飯の焼そば。

昨日ケアがしたBuddyは。

朝は、痛いほどの視線で私を見ていました。


「足どうしたの?」

と聞くと、、

「ごめんなさい」「ごめんなさ」「ごめんなさい」

吠えることもなく、おとなしくじーっと。

いじらしく、なんてかわいいヤツ。

実は、一番いけないのは私。

朝の準備が遅れ、キャンプ場への到着時間が遅れて良い場所が取れなかったのは、私のが原因。

その結果、一番端っこ。

地面が整備されていないため、とがった石、石、石。

そして、あなたに怪我をさせてしまったの。

本当にごめんなさい。

今は耐えて、早く治してまた遊ぼうね、Buddy。

許して下さい。


ほうとう屋さんで、記念写真。

2019夏キャンプ、無事に終了〜

初めてのキャンプ場でしたので、参加人数が少なくホッとしました。


整備された部分でしたら、怪我もなく良かったかな。

予約ができないので、早起きが重要。当たり前のことなんですがね。

また来たいです。

______________________


前日まで天気予報が、曇りのち雨☂️。

中止にするのか、それとも雨の中のキャンプか。不安一杯の準備でした。

とりあえず、「雨が降らない間に、全力で遊ぶ!」がテーマ。

あと、昨年、遭難事件が起きてしまったので、乗る前にカヤックの注意点を話す。

遭難したら、ライフジャケットに付いている笛を吹く事。

水遊びの危険性を説明してから遊ぶ事も心がけました。

今年初のカヤック。

久しぶりで、カヤックのバランスにあたふたしてしまう私ですが、毎日、穴掘りで筋トレしているBuddyはさすが。お見事!

3年前は、車に逃げていたシティーボーイのウー。

カヤック教室に通いつめ、こんなに成長していました。

たくましくなったね。ウー君。

本栖湖は、「本州NO1の透明度」と言われています。

湖でシュノーケル?と少し疑っていましたが、これが綺麗。

海では海藻がゆれて、その間にカラフルな魚がいる感じですが、何も無い透き通ったところに石が転がっていて、小さな魚が泳いでいる。なんだか、見たことない景色に楽しかったですよ。

心配していた天気も、曇りから太陽が顔を出しむし暑くなってきました。


最高のキャンプ日和に、乾杯〜〜〜!

遊ぶ事に大満足して、美味しいランチの写真を撮り忘れました。

しのこさんのカレー味のキッシュに、フランスパンをくり抜き、クリームチーズと海老を詰めたスタッフドバケット。フライドチキンにおにぎり、ピクルス。スープ。

美味しかった。

午後になると波が起き始めました。それも結構な波。ここは海かしら?

と思うほどです。

海のカヤック練習にはいいかもしれません。そういえば、奥の方でウインドサーフィンをする姿がちらほら。

変化する湖に驚きました。


今年は、タイミングが合わず、ウー一家はここまで。

夜のトランプゲームができないのがちょっと残念。

昨年、警備員に怒られたのが懐かしい思い出。

そしてここで、トラブル。

Buddyが本栖湖の湖畔のとがった石で肉球のつけ根を切ってしまいました。

今回、初めて参加したシェリルのお母さん、トリマーさんが応急処置をしてくれてひと安心。

かわいそうですが、Buddyの遊びはここで終了。血が止まるまで安静。




夜は、BBQ。

後ろの波。結構凄いんです。キャンプ場の方が言うには、

「今日は穏やかな方です」と言ってました。

人間の心理で、海のように波がどんどん攻めてきている錯覚を起こします。

湖なので、潮の満ち引きもないし、水の量が増えることはないのですが。

寝る頃になり、雨が降ってきてさらに不安。

10時前には疲れて寝てしまったのですが、

テントに入ると、波の音が頭の上の方から聴こえてくるようになり、

「あー、水がテントの下まできているのかしら?見に行かないと、、、」

「危ないーーー」

と、うなされながら眠りにつきました。


今回初めてのタープ。

この雨に耐えてくれるのか、、、

____________________________________








令和初日の朝、初めてBuddyのうん◯をおもいっきり踏みました。

運(ウン◯)がついた令和を迎える事ができました。

いい年になりそう。



そして、恒例のリフォーム。

昨年中に床とキッチンがなんとか完成しました。

細かい部分はまだありますが、残すところ壁。

あっという間に、家の中は現場。

この中で1週間の生活。さすがの相方は、1週間後に胃が痛くなりダウン。

疲れと、色んなストレス(私への?)が積み重なって。

石膏ボード壁から、綺麗な壁に。

換気扇カバーはこれから作らないと。

白い壁は、色んなモノが映える。

これから、よごれも目立つかな。虫も。

気にしないのでいいか。 ここの部分は完成。

トータル62m2 (畳40枚)

ペール缶3.5缶分

黙々と、ひたすら2人で左官。

色んな種類の珪藻土を塗りました。

驚いたことは、この紫色の壁。

3年前に買った天然素材・防腐剤なしの練ったタイプ。

今回使った中で、モノ的には一番高いものですが、見切り品で半額以下で購入。

「10日以内に使ってください」と蓋に記載。

購入から3年目。

「空気に触れていなければ腐らない。」

と言い張っていましたが、開けると、腐敗臭。水の腐った匂い。

「あ〜〜あ。」と嫌な空気。

Amazonプライムで明日届く珪藻土を探し、「ポチ」

取りあえず一安心。

試しにダメな珪藻土をダンボールに塗って1日おいて見たところ、匂いが半減。

乾燥して水分が飛ぶと匂いが減る。ということがわかり、使える?かも?

と言うことで、殺菌のために木酢液を少し入れて練り、キッチンではない部分を塗って見ました。

塗って1週間。少し匂いがありますが時間の問題。と期待。換気扇と扇風機を回してます。

「陶芸家は、腐った土で作るといい表情になるって言ってたから、土は天然素材で腐らない。捨てるなんてもってのほか!」

と言われても。

こんな実験はもうしたくありません。

いいモノは良いうちに。



残りは30m2

次回が楽しみです。 

今の所、6種類の、珪藻土を塗りました。

完成した時の表情は様々。

値段に比例する部分もありますね。

あと2種類の珪藻土があるのでそれも含めて、表情の違い、色、性能が楽しみです。

家では、色々と実験。