Skip navigation

Category Archives: 旅

二日目の午後は風も出てきたので海の遊びを早く切り上げました。

「今日もキャンプだから、夕食分を釣るか。」

と。

昨年大分で、釣りをする事に興味のない私が一番に釣った事が嬉しかったので気合が入ります。

んー、甘くないですね。魚がいる感じがしない。

もう4時を過ぎタイムリミットが近づいて来たので、場所を変更。

さっきまで沢山人がいた港へ行くと、もうそこも半分くらい。

「ダメかな〜」と思いながら始めると、すぐに引きが。

10センチぐらいの小さな魚。

多分、ここに来ている釣り人は捨ててしまうような魚ですが、

「イワシの稚魚だ。20匹くらい釣って、揚げたら美味しいぞ〜。今日の晩飯だ。」

との相方の号令に従い、再開。

入れるとすぐに釣れます。面白いくらい。20分位で沢山。

イワシは釣った時点で、ほとんど死んでしまうくらい弱い魚です。

鮮度を保つために、保冷剤の氷水に入れてキャンプ場へすぐに戻りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「テントがあってよかった〜」 と、ひと安心。

結構な風が吹いていて、テントが膨れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手開きで内臓と頭を取った状態。この4倍の量になりました。

持って来たシソとミョウガも一緒に天ぷら。

さっぱりした淡白な味。身はふわふわ。

鮮度がいいって、美味しい〜

「頂いた命は、残さず頂く」「感謝する」

食べきるのは苦しかったです。釣り過ぎはいませんね。

 

この日も前日以上に爆睡でした。

が夜、トイレに目がさめるともの凄い風。

メッシュシェルターは高いところで2100ミリ。

結構大きいです。

風で大きく左右に揺れて上に浮くようになったり。

私は不安で、外に出てペグが緩んでないか見たり、シェルターの中で椅子に座ったり。

初めてなので、これが大丈夫なのかどうかがわからないので、心臓はバクバク。水飲んで落ち着こうとしたり。

自分の中の経験を増やすために天気予報を確認。

風は4m。海風があるのでもう少しあるかも。

明け方には弱まり0mになる予報。

あとは、スノーピークの性能と私達の手を抜かないで設置をした事を信じるのみ。信じるのみ。。。。と言い聞かせながら、4時過ぎに眠りにつきました。

 

風が去っていったおかげで、朝から青空。風はなし。

初めてのテントとしては、ものすごくいい体験ができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「東洋のコートダジュール」と言われる岩地海岸。

岩場のところは、シュノーケリングスポット。

透き通る青い海。お昼前の時間だったからか、たくさんの魚たちが泳いでいました。

「なんだか釣れそうかも。」

と思うくらいです。

サンゴもいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白い砂浜。

Bubbyはここで波を追っかけて走るのが一番好き。

 

シュノーケリングをして、

「さー、帰るよ!Bubby」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「えっ、」

「嫌だ、まだ遊ぶ」

Bubbyの「B(びー)」は、「ビビり」の「ビー」なの?というくらいビビり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遊びたい一心に、足を震わせながらダイブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「白浜まであと少しだワン」

「私だってできるんだから。」

 

初めて、自分からジャンプして飛び込みました。

 

カッコイイぞ。Bubby。

 

 

ぜひ、皆さんも行って見てください。

 

綺麗な海を見ると、なんだか笑顔になりますよ。

 

___________________________

 

 

 

夏の遊びをしに、西伊豆に行ってきました。

今回のテーマは、

・テントを張ってキャンプを楽しむゾー

・カヤックのツーリング

・新しく足となってくれる車との初ドライブ〜

(人の良い相方は、車を友人に貸して壊されてしまいました。

今回で何度目なんだろか。。。)

 

台風の後だったので、西伊豆は30度近く、気分は最高。

アジのタタキ定食を食べ、ローカルなスーパーで食材の調達。

2時、石部という海岸でとりあえずカヤックを浮かべてみました。

「なんだか、波が高い?かな。」

「少し風がある?かな。」

とりあえず、ちょっと漕ぎ浜で海に入り、気持ちは満足。

釣り人の方が、

「今は、波が高いよ。明日は早朝から10時頃だと穏やかだと思うよ。」

とアドバイスをいただき、キャンプ場へ。

雲見夕陽と潮騒の岬オートキャンプ場。

景色がいい場所にテントを張ろうと下調べをしていましたが、風が気になり端に決めました。

山でのキャンプと違い、海風があり、私は最初からビビってしまいまいた。

明日は朝から遊びに繰り出すのに、

「帰ったらテントがなかった。」

とか笑えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

日が沈む前にテントが完成〜。

組み立て時間は1時間!

夕陽が綺麗でしたが、撮る余裕なし。


 

 

 

 

 

 

 

 

寝るためのテント(右)にメッシュシェルター(左)というテントを合体させました。

大きな昆虫のよう。

「大人の秘密基地、突然現る!」

っていう感じで、ワクワク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外で炭をおこし、メッシュシェルターの中ではご飯の準備。

せっかく虫が入らないようになっているのに、電気つけてメッシュをしていない私。

虫がいっぱい入り、初日の反省点でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすが海の街。「マグロのカマ」がスーパーで売ってました。

一番大きいのを買って大正解。364円。

とろけるようでした。

お風呂に入って爆睡。

 

2日目

岩地海岸〜石部海岸〜雲見海岸。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、絵になる場所で。

船の後ろで立っている姿のBuddyは余裕。

吠えて、跳ね返ってくる声にまた吠えて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座っているBuddy:注意

湾にいると穏やかな海も、沖に出ると波が少し出てきます。

午後は、もっと出るだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伏せているBuddy:警戒体制

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休憩できそうなプライベートビーチに着陸。

やりたかったこともう一つ。

「バーナーとクッカーで料理する事」

私なりに、

「準備はバッチリ!」

生麺のちゃんぽん。野菜はもうカット済み。水。

クッカー。箸セット。

携帯の椅子にテーブル。

と思ってましたが、なんとライターを忘れました。

 

「どうやって火をつけるんだよ。考えればわかるだろー」

「だって、、、」

「。。。」

「。。。」

「。。。」

「買ってくるよ。」

と一人のりカヤックに乗り、出発した岩地海岸へ。

待つ事40分。

息を切らせながら戻ってきてくれました。

「ご苦労様です。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ美味しかった。

スープに朝の残りのご飯を入れてシメ。

「あ〜幸せ」

 

波が気になり、食べて一息ついたら出発しました。

 

帰りは、

Buddy:超超超警戒体制。

 

 

 

大分・四国ツアーは、3週間で無事に終了。

先週 自宅に戻り、山梨の寒さに震えあがっています。

 

大分での16日間にわたる合宿のような生活。めちゃくちゃ楽しかった~。

そのあとの四万十川下り。大人のアドベンチャーゲームのよう。

予定外の、高知での1泊。

香川のうどん巡り。食べた~。

楽しかったvacation。

 

- - - - - -

 

大分での最初の休日。

朝から良い天気。Nさん宅から車で3分の海でカヤック。

 

img_2438

海〜。

幸せ〜。

そして暖かい~。

 

img_2446

こんな感じにまったり。

 

img_2459

Buddyは大喜び。

「砂浜で走りやすいよ〜。」

「何処まで走っても浅~い。」

潮の満ち引きが激しいので、地元の方には、

「気をつけなさい!!!」 と皆さんが口をそろえて言います。

なによりも、山梨からカヤック積んで遊びに来る私たちに

「・・・」

そして海から急いで戻り、今日もお祭へ。

昨日ランチをした所の神社で、流鏑馬(やぶさめ)祭り。

img_2485

お祭りがこのように美しく、伝統的に行われていて、感動しました。

大月も過疎化の進む街ですが、こちらの方が過疎化、人口の減少は厳しいと思います。

が、素晴らしい、いい町だな~と。

毎日のように、楽しいイベントづくし。

何をしに来たのか忘れてしまいそうなくらいでした。

ちょっと不安になり、翌日は日曜日ですがお仕事を。

img_2492

昨日のつづき。

img_2499

たくさん遊んだあとなので、

楽しいデザインになって来ました。

夜は、ご近所さんとの “楽しい宴”

img_2500

活きたイカ。釣ったばかりのいなだ。

大分の地酒。

待ちに待った新鮮なお魚。

私はお酒片手に、大興奮でした。

お酒の飲みっぷりに、

「明日は、大分・どぶろく祭りや。」

「朝の10時から始まって、夕方には、酒がなくなっちょる」

といい情報を教えてくれました。

翌日。

出遅れましたが、12時。

2016-10-17-12-08-39-1

山の中に突然現れた景色。

山の中腹に見えるのが神社。

道には、たくさんの屋台。

「白鬚田原神社」と書かれた大きなのぼり。

おとぎ話の世界のようでした。

2016-10-17-12-24-34

これぞ、どぶろく。

岐阜の白川郷でのお祭りぶり。

2016-10-17-12-26-56

「よっ!最高!!」

「もう一杯!!!」

真ん中のGZは、飲んだ気分で、この日の運転手をしてくれました。(大笑顔)

心地よい~。~。~。

2016-10-17-14-37-37-1

この景色を見るために、10分くらいの山歩き。

飲んだあとの私たちには、息が切れた~。

 

素敵な景色。田染荘。

 

祭りづくし、遊びづくしの大分。

 

_______________________________

 

 

 

 

大分 1日目

朝からタイル作業。

私は、左官と塗装の面積だし

客室が3つ。寝室。アトリエ。客用洗面所。

大きなリビング。

広いです。

 

img_2337

 

 

 

 

 

 

 

 

ランチは、近くのお店に連れて行ってくれました。

 

img_2343

 

 

 

 

 

 

 

 

突然、懐石料理のようなランチ。

前には素敵な庭園。

突然、京都に来たような。

 

国東半島でアートに力を入れているギャラリー通り。

ちょうど、こちらで作家さんのオープンアトリエのようなイベントが開催していました。

 

img_2358

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1番インパクトに残ったのはこちらの作家さん。

広島から来た若いご夫婦。奥様がニワトリ好きの陶芸家。

本物のニワトリもひなから育てていました。

img_2355

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初体験。

にわとりと2ショット。

 

 

 

田舎のようですが、

国東(くにさき) という場所は、なんだか面白い。

 

夜は、「ケベス祭り」

こちらの変わった火祭り。

「吉田の火祭り」で有名な山梨県民には、こちらも興味 大。

 

img_2371

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中から出て来たのが、お面をかぶったケベス。

境内を、神官とケベスが歩きます。

境内の端には枯葉が燃やされ、大きな火が。

この火に向かってケベスが突進。他の白装束に止められ戦う。

img_2400

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが10回程度繰り返されます。

クライマックスは、

img_2413

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白装束が火を持って境内の中を走り回ります。

 

img_2422

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渡り廊下にもやって来ます。

この火の粉を浴びるといいみたいですが、

とにかくお客は叫んで逃げ回ります。

転んで、頭の上から火の粉を浴びた人もいます。

不思議なお祭り。

 

色んな説があり、この地域は砂鉄が取れるので、鍛冶屋のお祭りとの説も。

 

 

img_2434

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠くから見ると、火事のよう。

 


GZ さんと私達とBuddyで早朝3時過ぎに出発。

大分まで、2回の給油。途中

Buddyのトイレ休憩。

 

img_2315

 

 

 

 

 

 

 

 

サービスエリアに、ランが設置され、トイレも捨てることができます。便利になりましたね。

 

 

img_2324

 

 

 

 

 

 

 

 

のぞいた先に、宮島が見えます。

大阪を過ぎると、SAがとても新鮮。

 

img_2328

 

 

 

 

 

 

 

 

 

九州に上陸。

img_2335

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友人宅には19:00に到着

深夜割りを使い、高速代は15000円

 

ハイエースーには、

カヤック道具

釣り道具

イベントに参加するための木の器に鉄の小物

お手伝いするために、

左官道具、塗装道具、タイル道具。

3週間分の着替え。

荷台の半分には仮眠できるように寝袋を設置。

 

3人の運転、と言っても私は話し相手役で運転は1時間。

交代で仮眠しながらの運転でしたので、大きな休憩もなくストレートに行きました。

長距離の場合い、3人だといいです。

手足が伸ばせて、ごろりできる仮眠スペース。ハイエースならでは。

6 年前に九州に行った時は、途中で2人で仮眠をしたりして、高速にまる1日いました。途中、あきてしまい、山口県で降りたりしてなかなか着かなかった思い出が・・・

 

どんな旅になるのかしら〜

 

 

 

 

6時起床。

 

浮島海岸

 

 

 

 

 

 

 

 

≪浮島海岸≫

天気が急変!昼から雨マーク。

初心者としては、堂ヶ島の天窓洞に行ってみたい。

とりあえず、腹ごしらえをして早く出航の準備。

 

朝食

 

 

 

 

 

 

 

 

家から持ってきたクラムチャウダーに、

昨日のご飯の残りと、家から持ってきたお握りの残りを混ぜ、

バターで味を調え 、シラスリゾット完成。

 

ガッツリ食べて、7時に出航。

 

 

2015-09-24 07.36.49

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『まだ天気は良~し』

 

2015-09-24 07.37.10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『干潮で、島が綱っがってる。人も歩いてるヨ』

 

沖の方から向こう側に行きました。

台風の影響で少し波がありましたが、無事に通過。

 

天窓洞の方向を調べるために、とっさにとった行動はヤフーカーナビ。

方向確認をし、もう一度漕ぎ始めました。

8時を過ぎると観光船が来るようですが、天気のせいか、まだ来る気配はありません。

 

8時15分。

行ってきま~す。天窓洞。

 

DSC_3309

 

 

 

 

 

 

 

入り口。

 

DSC_3302

 

 

 

 

 

 

 

天窓洞

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_3326

 

 

 

 

 

 

 

突然真っ暗闇。怖かった。

 

 

 

 

乗浜海岸
 

 

 

 

 

 

≪乗浜海岸≫

ここまで2時間。満足。

 

瀬浜海岸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りは、地続きになた場所でカヤックを降り、手で運び再び再開。

 

岸側を漕ぐので、風や波の影響はなく、

太陽はあまり見えませんでしたが、気持ちのよいカヤックでした。

 

インフレータブルカヤックにもなれてきました。

ゴムボートなので空気が抜けたりします。

休憩ごとに空気圧を確認。

今までにない景色を見せてくれる、楽しい遊び道具です。

弱点は、床面が広いので安定性がある分、ハードなタイプのカヤックよりも進みが遅い。

一生懸命漕ぐ感じです。

 

浮島海岸に戻ったのは、11時過ぎ。

伊豆を南下し、

昼食を食べたら、雨がポツリポツリ。

台風が来てしまいました。

 

散策

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漆喰の街並みを散策。

周りの海水浴場を下見。

最後に、土肥温泉の公衆浴場。

 

風もだいぶ強くなり

6時に西伊豆をあとに。
『天気が良ければ、、、。』

とたくらみ、Buddyのご飯は4日分持ちましたが、

あっという間に崩れました。

 

帰りは、伊豆の友人に教えてもらった

『 魚河岸 流れ鮨 』

で最後の海鮮三昧。

高速なしで、自宅到着は10時。

 

思いっきり遊んで、思いっきり仕事ですね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

西伊豆の海水浴場の公共のトイレ・シャワーはとてもきれいでした。

地元のかたの、愛を感じます。

が、朝起きると、カップ麺が捨ててあったり。。。

どこにでもいますね。こういう人に気づいてもらいたい。

海岸に、焚火の燃えカスがあったりもします。

6月1日から9月30日までは、全面キャンプ禁止。

オールシーズン、どこの場所でも、キャンプ場以外は直火は絶対にいけません。

燃えカス、炭を持って帰るなら別ですが。

きれいな景色を皆で守っていきたいです。

 

山梨に住んでからとくに、自然の中で遊ぶためのルールを感じます。

理由は、そうしないと、自由に遊べる場所がなくなってしまうので。

 

 

__________________________

 

 

連休中、山梨県内は賑わっていました。

県民としてちょっと嬉しかったです。

私たちも、仕事が一息したので、久しぶりに西伊豆に。

大月は、遊ぶにはとってもいい場所だと思います。

西伊豆までは100キロちょっと。

行きは都留インターから須走まで高速に乗りましたが、乗らなくても下道で3時間。観光客と逆なので、ほとんど渋滞はありません。

6時に出発し、土肥温泉に9時到着。

このさきスーパー等少ないので、ここで今日一日の食材を用意。

 

 

今回は、カヤックとシュノーケリング。9月末ですが、潜れるかしら・・・

 

 

田子海岸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪田子海水浴場≫

 

天気は最高!!! さあ出発!!!

2015-09-23 12.16.48

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水は透明。

ワクワク。

 

洞窟2

 

 

 

 

 

 

 

 

遠くから見ると狭そうだけど、近くに寄ると通れた。

驚き!!!

 

 

2015-09-23 12.50.17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここの岸でお握りを食べ、さっそくシュノーケリング。

ラッシュガードでは少し勇気がいる感じ。

 

ライフジャケットが欲しくなりました。

 

お隣の海水浴場の様子を調べに出発!

 

2015-09-23 14.07.47

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海の上からの景色は不思議。

天気も良く波がないので、初めてには最高でした。

塩水だからか、湖よりもとっても楽でした。

 

この景色は、特別ですね。

 

 

一度戻り着替えてから久しぶりの釣り。

途中で購入した、1200の長さの釣り竿。

カヤックの上から、私が漕いで、相方が釣り。

 

釣り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糸を引く感じが、見ていても楽しかったです。

小さな鯛が3匹。リリース。

ちょっと大きな引きが、

2015-09-23 16.40.54

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいサイズ。

でも、

知らない魚の場合は、トラウマみたいで、触りません。食べません。

昔、手がグローブのように腫れたことがあったみたい。

釣りも満足。

 

隣の浮島(ふとう)海岸へ移動。

 

夕日 浮島海岸

 

 

 

 

 

 

 

 

思いがけず夕日に。

町営のしおさいの湯につかり、今日一日の疲れを。

とってもいいお湯でした。

 

 

宿泊場所

 

 

 

 

 

 

 

本日の宿泊場所。目の前は海。波の音が気持ちのよい場所。

夕食準備

 

 

 

 

 

 

 

 

夕食の準備。

もう一つの私の目的は新鮮な魚。

開けたて新鮮醤油と生姜はしっかりと用意しました。

味噌と顆粒だしも。

 

 

夕食

 

 

 

 

 

 

 

今朝スーパーで買い卸してもらった、下田産赤尾と釜揚げシラス丼。

素焼きのりの味噌汁。

 

 

DSC_3287

 

 

 

 

 

 

 

幸せ。。。

 

_____________________________________________

 

北海道の旅、最終日になりました。

7:00、帯広を出発。
札幌に向かう途中、『夕張メロンまつり』のポスターを発見。
またまた、寄り道。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

市場の中から、勢い溢れる和太鼓の音。
皆さん元気一杯。

メロンの試食コーナーが、長い列を作っていました。

私達も、何回もならんで頂いてしまいました。
あまくて、美味しい~。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

入口では、おじいちゃん達が、鶏焼きの屋台をだしていて、その姿に、思わず頂きました。

帰りに、メロンも2個買ってしまいました。

笑顔溢れる夕張メロン農家さん、頑張って下さい。

今日も良い出会いでスタート。

 

そして、札幌。
元祖スープカレーのお店『アジャンタ』さんで、カレーを頂き、

札幌ラーメン『けやき』さんで、味噌ラーメンを。

相方が、昔来たときに食べて感動した、生ラム肉の『札幌ジンギスカン』さんのジンギスカンまでは食べられませんでした。

食べ歩きに、大満足!

石狩湾沿いを走り、フェリーが待つ、小樽港へ。

北海道の大地と、お別れです。
大自然よ、ありがとうございました。

相棒も、よく走ってくれました。
フェリーの中で、休んで下さい。
今日で、2200㌔です。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

_________________________________________________________________

北海道で楽しみにしていた、釧路湿原のカヌー下り。

厚岸から向かう車中、スマホで必死に検索。

『かむほーむ』さんが企画するカヌー体験に参加。

突然でしたが、すばやい対応ありがとうございました。

さあ出発!

image

 

 

 

 

 

 

 

塘路湖~アレキナイ川の5㌔を往復するコース。二人で、8000円。
一週間前は、寒く日中でも12℃だったそうですが、Tシャツでちょうど良い気候。

折り返し地点までくると、丹頂鶴の足跡が

image

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りは、ひよどり達が、飛ぶ練習をしていました。

そのあと、釧路湿原展望台の周遊コースを一時間歩きました。
湿原は、カヌーで川からウォッチングするのがよさそうですね。
次回は、カヌーでもっと湿原の奥まで行きたいです。

 

旅も、終盤です。

お土産のカニを探しに 、釧路港の方に向かいました。

相方が、昔に来た時と港の様子が変わっているな~、、、と。
とりあえず、港近くの『カモメ市場』に飛び込みました。

突然、

「カニ買えるお店あるかな?」と聞き、『かにきち』さんを紹介してもらいました。

(失礼な質問で、どうもすみませんでさした。)

 

その市場では、羅臼産の大きなホッケを買いました。

身が赤くなっていて、油ののりは良さそうです。

おいしそ-でした。

『かにきち』さんへ。

大きな水槽の中に、カニが一杯。
ネットショッピングなどで見る光景ですが、実際に、その場に行けて見たことは、感動。
明日、茹でて、山梨に送ってもらうことに。
カニの中に、ホッケも入れてもらいました。

お土産を買うにも、
ストーリーが大切ですね。
今日も、良い出会いがつくれました。
(幸せ)

『カモメ市場』の社長さん、『かにきち』さんありがとうございました。

 

釧路港から帯広へ。

今日は、オベリベリ温泉水光園に入り、おとふけ道の駅で、車中泊。

明日は、いよいよ最終日。

 

________________________________________________________________________________

熊の湯で、朝風呂です。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

硫黄質で、草津温泉みたい。

ここは、、「熊の湯愛好会」の地元の方で、毎日お掃除をして維持しているそうです。

国や、市、企業の力を借りずに、なりったている温泉。

「どこよりも、心がこもったお温かい湯だよ。」

と一緒に入った方が言っていました。

 

羅臼側の海岸を走り、行き止まりの場所に、相泊温泉。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝から2つ目の温泉。

良い湯で、何だが、眠くなってきました。
睡魔に襲われ、運転がきつい。。。

眠いー

そして、またひたすら走り、本土最東端の岬、納沙布岬。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりの寒さに、目がさめ、綺麗な夕日を撮りあるいていると、

image

 

 

 

 

 

 

 

 

岸に何かが居ます。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鶴に出会いました。
メスが、卵をあたためて、オスが餌を取りに行くところでした。

途中、何度も振り返りメスのことをみながら。

幸せな夫婦の景色でした。

 

眠気も飛び、ここから、また100キロ走ります。

本日は、カキが有名な、厚岸の道の駅に泊まります。
海鮮ものを選び、その場で炭焼きができるレストランが有名。
営業時間が、
20:00ラストオーダー  21:00閉店

間に合いました。(嬉し)
____________________________________________________________________