Skip navigation

昨年の秋、車で3分の所に広い田んぼ跡地を借りました。

開墾し、初めての夏野菜の収穫が終わろうとしています。

朝晩は寒く、秋の訪れを実感しています。

仕事の都合と、私の怠け病で、月に1度畑に行く事しかできませんでした。

そんな状況の中で、夏野菜の一番のヒットは、大豆でした。

大豆が大好きになりました。

雑草にも負けず、鹿に葉っぱをすべて食べられてしまったにも関わらずに、逞しく成長し、立派な実を沢山つけてくれました。

一時は、折れた私の心を、見事に癒してくれました。痩せた土地にもかかわらず、大豆は優秀です。

この種は、長野県の山奥で育てられた大豆です。分けてくれた方に、本当に感謝です。

 

抜いたばかりの大豆

大豆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

味は、最高。実は大きい。

以前ホームセンターで買って育てた茶豆の種よりも、数段おいしかったです。

植える場所なのか、種なのかなぁ。

来年は、大豆一本で行く事を決めました。

 

今年の反省点としては、

生姜の失敗(夏場の水分不足で、実が大きくならず、かさかさな生姜になってしまった)

ピーナッツの失敗(柵の作りが悪く、猿にすべて食べられた)

里芋の失敗(せっかちな私の性格のせいで、収穫が早すぎた様です)

__________________________________

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください