Skip navigation

床の御相談。

現在は、下地のコンクリートに塗装した状態。

凹凸している為、椅子が倒れたり、テーブルががたついたりするのをどうにかしたい。という相談。

木材を貼ると最低でも9mmの厚みが出てしまい、

クッションフロアーは安っぽく見える。

今回も、厚みが薄い鉄板を貼る事に。

BARの雰囲気から、鉄板が売られている状態(黒皮の状態)に蜜蝋を塗ったもの。

椅子の足と床が接する場所はどうしても傷つきます。

塗装した場合、その塗膜が傷つき白く線になったり、剥がれるのも綺麗なものではありません。そう考え、蜜蝋仕上げ。

工房で、鉄板を火で温め蜜蠟を塗っています。

その後は、ワックス状のものを塗ってメンテナンスをしてもらいます。

 

工事スタート。

突貫工事なので、いつもの3人。

相方・私・安田さん。

お二人の経験と知識が色々と面白いことに発展します。

一人加わることにより、夫婦喧嘩にならない事も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床にヒビが入っている部分は、5mmから10mmの段差あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

700mmの正方形にカットした鉄板を貼りました。

カット=溶断は、熱で鉄を切るので、切口はどうしても熱で変色します。

真ん中に見えるグレーのラインは、焼け跡。

それもまた、雰囲気に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素材の持つ力は、空間をガラリと変えます。

毎回どんな表情になるか作っていて楽しいです。

 

無事に、20時から夜の営業がスタート。

 

今回、2箇所で鉄板の床にさせてもらいました。

私としては、初の試みで嬉しいです。

鉄ですので、これから長く年月が経てば錆びも出ます。

どのように変化していくか、お客様と共に、見守って行きます。

 

__________________________________________

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください