Skip navigation

オープンしてから6年経つ美容室「brown」

改修工事を行いました。

メインはこちらのシャンプーコーナー。

[before]

 

 

 

 

 

 

 

 

床と壁は白の細かいタイル。

 

シャンプー台のシャワーホースから伝わった水が床に落ち、年数で床がボロボロ。

白は清潔感と明るいのですが、髪を染めるカラー剤が飛んだときの汚れを落とすのが大変。

使ってみないとわからないことばかり。

工事内容としては、

壁は、汚れたら塗りなおせるように、木のパネルに塗装。

床は、タイルを撤去し、タイルの厚み、6㎜以内で別の素材に交換。

厚みから考えると、木はダメ。タイルはダメ。

シートを張るのも素材感が良くない。。。

オーナーさんとかなり悩んだ末、店内には、鉄の装飾がかなりあり、壁の補修に錆鉄板を使っていることなどから、錆鉄板で行くことに決まりました。

水回りということもあり、時間をかけて錆らせ、錆の状況を落ち着かせたいので半年お時間を頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイルを撤去した後の下地。

水に強い下地でしたが、コーナーの部分が少し腐っていました。その部分には防水・防腐塗料を。

 

[after]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

錆鉄を火で温めて蜜蝋仕上げ。

メンテナンスとして、蜜蠟とエゴマ油でできたワックスを

置いてきました。

わたしも大好きな表情です。

壁は、タイルの上にパネルは貼り塗装です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タオルを入れていた吊り棚の扉を、ガラスから木に交換。

落ち着いたら雰囲気に。

 

美容室のオーダー収納棚。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーナーさんと、入れる物の大きさを打合せ。

・バリカン等が見えずに収納し、なおかつ取りやすい。

・ムースやワックスの寸法に合わせた引き出し。

・カットした後に使うミラーも収納。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図面に起こし、FAXで細かい寸法等の確認、打合せを行います。

オーダー家具の良いところは、入れたいものに合わせて、良いサイズで作れる事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大満足して頂きました。

 

____________________________________________

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください