Skip navigation

いつもお世話になっている方から、

「作りたいものがあるんですが、いいですか?」

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールで届いたデザインはこちら。

なんと、高さ3m × ワイド60㎝ × 奥行80㎝ の棚

 

鉄と言っても、アングル、角パイプ、丸パイプ、太さでイメージは変わります。

鉄は、溶接で熱が加わると面白いぐらいにゆがみます。

色々と私が考えて悩んでも仕方ないので、

鋼材屋(鉄を売っている場所)に行き、材料を見て選ぶところからする事にしました。

アトリエから高速を使い20分の、河口湖の鋼材屋。

都心よりも、混んでいないので、材料を見て悩んでいても許容範囲。

そして、1日で作って帰ろうと思っていたI さん。

そんなことは無理、無理、無理。

とりあえず、山の中でこもって作るために、2日分の食料を買い込み、

〝ほうとう″を食べ、腹ごしらえをしてアトリエに。

「ワークショップ」っといいながら、ここまでは天気も良かったので、富士山見て、気持ちのいい「山梨観光」。

 

暖かい鎌倉からTシャツできたI さんに、作業着、綿のGジャンを支給。

まず鋼材をカットしてから溶接。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

溶接

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

溶接

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

溶接。

半自動溶接と、アルゴン溶接を使用。

初心者の方でも、思いっきり溶接できるように、厚み5㎜のアングル、

厚み2.3㎜の50㎜×30㎜の角パイプを使用。

 

普段から、自分て木工DIYをされているので、かなり習得が早い。

1日目は、とりあえず夜の8時に終了。

慣れない作業で疲れていましたが、

「溶接、面白くなってきた~」

の一言に、私もホッとしました。

I さんのイメージする材料が買え、「カッコいい」との満足げな顔。

 

鉄のお仕事は、顔も手も黒く汚れます。鼻の中も。

 

 

我が家のお風呂できれいになってもらい、夜は楽しい宴。

 

2日目。

朝食後、急いで書いた図面で取り付け方等の細かな打ち合わせ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取り付ける金物を作るために、ボール盤で穴あけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プラズマ溶接機で切断。

エキスパンドメタルのカットに時間がかかりました。

なんとか、夜8時に完成。

お疲れ様でした。

強行スケジュールできましたが、

鉄の面白さ、作るには時間がかかることを、存分に体験していってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設置した写真が届きました。

 

ワークショップといっても、こちらが提案するものでなく、お客さんが作りたいものを形にしてげる事へのアシスト。

短時間で、一番簡単な、シンプルな作りを考えること。

 

出来上がった時の達成感、満足感の顔を見れたことが、嬉しかった。

 

こちらも、勉強になりました。

また、鉄の良さを、さらに知ってもらいたいな~と思いました。

 

是非、ご相談ください。

 

 

_______________________________

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です