Skip navigation

今年は、雪に悩まされず、2月中に仕込みができました。

去年から、相模湖の富士屋さんの庭をお借りしてつっくっています。

こちらの湧水を使い、無農薬大豆と無農薬玄米麹を使って。

当日までの手配と準備は、先輩の健次郎さんが行って下さり、ありがとうございます。

前日に、20㎏の大豆を洗って、水につけます。

みそ作りは、準備も大変なんですよね。

 

大豆

 

 

 

 

 

 

水につけた大豆1kgがちょうど1升マス。

餅つきで使ったセイロでふかします。

3段セイロを2セット用意。

蒸かし始めてから1時間でちょうど良い感じに。

今回は、大豆1㎏ : 麹1㎏ : 塩0.5㎏

水を吸った大豆は2.3倍の重さになりました。

 

 

つぶす

 

 

 

 

 

 

味噌用に作った、深めの臼。

味噌用杵。

うさぎが月の中で餅つきしているイメージがあり、調べると、この形の杵のことを、「うさぎ杵」と言うそうです。

 

 

麹と混ぜる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先によく混ぜた塩と麹を、蒸かした大豆と良く混ぜます。

 

これで完成。

 

 

いのししs 燻製

 

 

 

 

 

 

 

大豆を蒸かしている間に、燻製。

友達が取ったイノシシの肉が手に入ったので、初イノシシ燻製。

ベーコンと同じソミュール液に同じ日数つけ込みました。

美味しかった~。

 

 

燻製

 

 

 

 

 

 

 

TOKIWORKSで使う燻製機と、健次郎さんの燻製機の違いを調べるために、一緒につけ込んだ肉を一つ入れさせてもらいました。

精度の良い温度計がついているので、最後に温度を80℃に上げて20分燻す。

肉に照りがでて、美味しいぞ!という色に。

 

次回、やってみよう。

 

味噌カメ

 

 

 

 

 

 

家に帰り、味噌かめに入れました。

手前は昨年作った味噌。

今年も美味しく発酵してちょうだいね。

 

 

以前、10㎏の大豆を圧力鍋3台で作っていました。

大豆をつぶすのは、ミンチマシーン。電動式だったので、アッと言う間。

 

薪で火をおこし、大豆を蒸かす。

つぶすのは、自然素材の道具を使い。大豆をつぶす作業はちょっと疲れますがそれが良い。

こね鉢も、麹をほぐすための桶も木でした。健次郎さんのこだわりが。

 

人の手の温もりを感じるみそ作り。

手作りのケーキや、クッキーを食べてワイワイ。

それぞれつけ込んできた燻製を食べくらべてワイワイガヤガヤ。

 

ボーっとする時間もなく、手を動かすか、口を動かしているか。

楽しく、終わったな~

 

 

___________________________________________________

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です