Skip navigation

今日と明日まで開催しています。

今週は雪が降ったり散々な天気でした。

足元悪い中お越し下さり、ありがとうございました。

寒い天気のお陰で、桜もまだ残っています。

welcome スタンド


ドライブがてらお越し下さい。

カフェになっていますので、花見しながらもお茶も楽しめます。

13日(土) 11:00 〜17:00

14日(日) 11:00〜16:00

お待ちしております〜

こちらのギャラリーでは14回目(14年目)の展示会になります。

鉄と陶器と、木の器を展示販売しています。

鉄は、緑が似合う花代、WELCOMスタンド、一輪挿しなど作りました。

陶器は八王子で活動している私より若い女性の作家さん。

そして、DMには載っていませんが相方のzelkova(けやき)の器。

4月9日(火)~14日(日)

茶房ギャラリー 土籠

あきる野市上代継416 042-559-9932

am11:00~ pm5:00 (最終日pm4:00)

車では、八王子インターより10分。

道の駅 「八王子滝山」の前を通って直進。

是非、お立ち寄りください。

あきる野の桜は日曜日が満開に近い感じでした。

今週いっぱいは花見も最高。ドライブには気持ちの良い時期です。

お待ちしています。私は毎日ギャラリーにいます。

3年間、お正月はホテル目黒雅叙園でお仕事をしていましたが、今年はなくなりました。

友人にくっついて 、竜ヶ岳で御来光とダイヤモンド富士を見に行くことに。 

竜ヶ岳は本栖湖の南に位置し、1485mの山。

12月31日のpm8:30

本栖湖キャンプ場の駐車場で待ち合わせ

ハイエースのなかで、鍋を囲み〆は年越しそば。

暖房もきいていて暑いくらい。

リアモニターで紅白歌合戦を見ながら4人で鍋。

家で過ごしているようでした。

楽しい!!!

明日、山を登るとは思えないリラックス。

日が変わると、キャンプ場から花火と爆竹が鳴りお祭り騒ぎでした。

それぞれ車で仮眠し、4時に起床。この時間になると、駐車場は車で一杯になっていました。


am5:00  出発

am6:00   途中の東屋に到着

目の前は富士山。でも雲が湧いて見えません。

本当なら、太陽が昇る前の明かりでみえる富士山が幻想的でかっこいいようです。残念。

am7:20  頂上に到着。

雲の切れ間から富士山がちらり。

太陽はあと少しで頂上に重なりますが、ん~。

富士山が少し見えただけで歓声。

とりあえずここでリュックをおろし時を待ちます。

ダウンを中に着こみ、防寒対策。

Buddyもリュックをおろし、フリースを着てここでご飯。

私たちはここでお湯を沸かして、カップヌードル。暖かくておいしかった。

富士山には雲がかかっていましたが、横をみると、南アルプスが太陽の光を浴びて輝いていました。

登っている最中は、富士山が見えなくても南アルプスがきれいで感動。

頂上は、ツアーで登山する方もいて人が多かった。

ただもう、ダイヤモンド富士をあきらめて下山する方もたくさんいました。

am7:44  ダイヤモンド富士

ですが、雲がいっぱい。

きっとお正月テレビでもこんな感じが映ったんでしょうね。

ちょっと頂上でゆっくり。

am8:00  富士山が現れてきました。

皆様と共に良い年になりますように

2019.1.1.

am10:15  登山口に到着

Bubbyとの初登山、無事に終了。私達も、ケガすることなく戻れて嬉しかった。

犬用リュックも初デビュー。

自分の水1Lとご飯を背負って登るんです。山は、犬も自己責任ですね。

「Buddy、今年は山登りもしたいね。よろしくね。」

「ワン!ワン!ワン!」

全てのイベントが無事に終わりました。

一番初めのイベントは、大月市商工会が主催する『産業祭り』

JAがトラクターの販売をしたり、織物組合の方。

お隣は、野菜農家さんが、大根や白菜の販売。

目の前は餌にこだわった卵の販売。

反対隣は、子供達の投げ縄。

驚く場所での参加。

全く期待していなかったのですが、養鶏をされているご夫妻が、結婚記念日に大きな器を購入されたり、

僕も気になったのですが、妻も「欲しくなるようなものが売っていた」と後押しされたので、今日は工房に買いにきました。

と次の日に突然の来訪。

驚き!!!が一杯のスタートでした。

ありがとうございました。

初めて参加した甲斐クラフトでは、甲府や長野の方との良い出会いもあり、ちょっとホッとしました。

また友人が国立で主催する、Nos fillesで行なったクリスマスマーケット。

多くの方に木の器・鉄のモノを目にしていただけて、嬉しい限りです。

クリスマスバージョンでは、鉄ってこんなに雰囲気出せるんですね。

一緒に飾っている染め花が素敵なせいもありますね。

クリスマスがなんだかワクワク。

玄関扉や室内の扉にリースが飾れるようなフックを作って見ました。

こちらは、まだ注文可能で〜す。

さあ、あとは残しているお仕事を、たんたんと行うのみ。

そして、今年一年やる事をやり残さず、恒例の「餅つき」を迎えたいです。

12月29日(土曜日)  是非お立ち寄り下さい。

今年は、友人が住む大分県国東で作られている、完全無農薬の米を使います。

くにさき農未来(NOU FUTURE)の村田 光貴さんが作った餅米。

もの凄い手間ひまかかり、愛情たっぷりのお米。

玄米は栄養満点。でも、玄米で作るのは難しく失敗するので、3分精米でつきたいと思っています。

今年は全て真っ白でないお餅にしようと思います。

〜良い天気になりますように〜

__________________________

床の御相談。

現在は、下地のコンクリートに塗装した状態。

凹凸している為、椅子が倒れたり、テーブルががたついたりするのをどうにかしたい。という相談。

木材を貼ると最低でも9mmの厚みが出てしまい、

クッションフロアーは安っぽく見える。

今回も、厚みが薄い鉄板を貼る事に。

BARの雰囲気から、鉄板が売られている状態(黒皮の状態)に蜜蝋を塗ったもの。

椅子の足と床が接する場所はどうしても傷つきます。

塗装した場合、その塗膜が傷つき白く線になったり、剥がれるのも綺麗なものではありません。そう考え、蜜蝋仕上げ。

工房で、鉄板を火で温め蜜蠟を塗っています。

その後は、ワックス状のものを塗ってメンテナンスをしてもらいます。

 

工事スタート。

突貫工事なので、いつもの3人。

相方・私・安田さん。

お二人の経験と知識が色々と面白いことに発展します。

一人加わることにより、夫婦喧嘩にならない事も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床にヒビが入っている部分は、5mmから10mmの段差あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

700mmの正方形にカットした鉄板を貼りました。

カット=溶断は、熱で鉄を切るので、切口はどうしても熱で変色します。

真ん中に見えるグレーのラインは、焼け跡。

それもまた、雰囲気に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素材の持つ力は、空間をガラリと変えます。

毎回どんな表情になるか作っていて楽しいです。

 

無事に、20時から夜の営業がスタート。

 

今回、2箇所で鉄板の床にさせてもらいました。

私としては、初の試みで嬉しいです。

鉄ですので、これから長く年月が経てば錆びも出ます。

どのように変化していくか、お客様と共に、見守って行きます。

 

__________________________________________

 

 

 

 

もう秋。

玄関をあけると、赤い葉と黄色の絨毯。

山も色づき歩いていても楽しい季節です。

 

昨日は、私のBD。

念願のくろねこ軒のケーキ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事仲間の安田さんが、国立まで買いに行ってくれました。

田舎では、これというケーキ屋さんってありません。

「コンビニのケーキでいいかね。」となってもおかしくないくらい。

3人で、

「1年に一度、美味しいケーキを食べるっていいなぁ・・・」

と、しみじみと語ってしまいました。

この歳になると、普段と変わらない普通の一日ですが、ケーキのおかげで素敵なBDとなりました。

感謝。感謝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来月は私のBDワン。

美味しいケーキ期待してるワン

 

 

芸術の秋。

お時間ございましたら是非、お立ち寄りください。

 

〜〜〜イベント〜〜〜

11月17日(土)・18日(日)

「第19回 真木アートクラフト市」

am10:00〜pm3:00

ギャラリー民

〒401 -0016  大月市大月町真木6216

tel:0554−23−1488(大月インターより10分)

17日の11:00〜

地元の笹子追分人形と民族楽器ミュージシャンBAN君によるコラボ公演があります。

 

 

〜〜〜イベント〜〜〜

12月1日(土)・2日(日)

「第17回 甲斐クラフトフェアー」

1日; 10:00〜17:00

2日; 9:30〜16:00

アイメッセ山梨

 

木の器を沢山もって行きます。

木は軽くて、熱くなくていいですよ。

お待ちしています〜

 

 

____________________________________________

 

 

オープンしてから6年経つ美容室「brown」

改修工事を行いました。

メインはこちらのシャンプーコーナー。

[before]

 

 

 

 

 

 

 

 

床と壁は白の細かいタイル。

 

シャンプー台のシャワーホースから伝わった水が床に落ち、年数で床がボロボロ。

白は清潔感と明るいのですが、髪を染めるカラー剤が飛んだときの汚れを落とすのが大変。

使ってみないとわからないことばかり。

工事内容としては、

壁は、汚れたら塗りなおせるように、木のパネルに塗装。

床は、タイルを撤去し、タイルの厚み、6㎜以内で別の素材に交換。

厚みから考えると、木はダメ。タイルはダメ。

シートを張るのも素材感が良くない。。。

オーナーさんとかなり悩んだ末、店内には、鉄の装飾がかなりあり、壁の補修に錆鉄板を使っていることなどから、錆鉄板で行くことに決まりました。

水回りということもあり、時間をかけて錆らせ、錆の状況を落ち着かせたいので半年お時間を頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイルを撤去した後の下地。

水に強い下地でしたが、コーナーの部分が少し腐っていました。その部分には防水・防腐塗料を。

 

[after]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

錆鉄を火で温めて蜜蝋仕上げ。

メンテナンスとして、蜜蠟とエゴマ油でできたワックスを

置いてきました。

わたしも大好きな表情です。

壁は、タイルの上にパネルは貼り塗装です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タオルを入れていた吊り棚の扉を、ガラスから木に交換。

落ち着いたら雰囲気に。

 

美容室のオーダー収納棚。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーナーさんと、入れる物の大きさを打合せ。

・バリカン等が見えずに収納し、なおかつ取りやすい。

・ムースやワックスの寸法に合わせた引き出し。

・カットした後に使うミラーも収納。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図面に起こし、FAXで細かい寸法等の確認、打合せを行います。

オーダー家具の良いところは、入れたいものに合わせて、良いサイズで作れる事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大満足して頂きました。

 

____________________________________________

今年も天気は最高でした。

2泊3日なので、今日は思いっきり遊べます。

昨年より人数が増え、準備は大変でしたが、その分私達も遊びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンプ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私もジャンプ!!!

「お母さん、もー歳考えてよ〜 ワン」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Buddyと一緒に泳ぐ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カヤックキャンプ2年目なので、皆んな漕ぐのが上手に。

Buddyとの遊び方にも慣れてくれました。

「泳ぐことも好きだけど、カヤックがもっと好きなのワン。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼を食べて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は潜る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カヤック3人乗り+Buddy。

夏の遊びを大満喫しました。

 

 

今夜のスペシャルメニュー

・ローストチキン

・パエリア

 

午後から、食のプロ、くろねこ軒さん御一行が合流。

ここからは、助けて頂きました。

実は、パエリアを用意したものの、作ったことありません。

プロの技に感動、感動の連続。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕込んできたチキンのお腹に、ピラフを入れてもらいました。

「鶏に感謝しなさい!」と言われますが、リアルすぎて私は触れません。

ニワトリは飼えないかも・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを火にかけ2時間。

 

じゃじゃじゃ〜ん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローストチキン完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

具沢山パエリア!

 

お金を払わなくてはいけない味。

贅沢なキャンプに変身。

プロの技をみると、「料理上手になりたい」と思いますね。

 

今宵はここまで。

昨日よりも早くテントの中に入り就寝。

かと思い、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くろねこ軒チームは、ライトがつきカードゲームが始まりました。

手前では、おじさんの酒盛り。

私は、ウイスキーをグイグイっと飲み、奥のテントに参加。

小学生ぶりのカードゲーム。面白くて大笑い。まるで、修学旅行。

警備員に

「少し声を小さくして遊んでください」と注意され、

ついには12時が過ぎ、

「もう遅いので、寝てください。」と。

大人になって、注意されるなんて、これもまた新鮮で面白かった。

 

最終日の朝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今日、帰りたくないワン」

「こんなに天気がいいのに、本当に9時から雨なの・・・」

 

 

散歩から戻ると、

「余った食材を全て出してちょうだい。」

 

 

 

 

 

 

 

 

食のプロが、10人分の朝食を作り始めました。

前日の残ったお肉を刻んで、ズッキーニも刻んで炒め。焼肉のタレでアレンジ。

キムチと豆板醤で辛味は最高。

卵で錦糸。

カッコいい。

職人ってすごいです!!!!

理想のキャンプ料理。

憧れます。

3日目の朝食は、

 

 

 

 

 

 

 

ビビンバ。

もちろん、とっても美味しいです!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も、こんなに楽しいキャンプをありがとう。

また来年もやりたいね。

 

お昼からは台風20号の影響で大雨になりました。

 

____________________________________________

今年は台風19号の接近で天気が心配でしたが、キャンプ場につくと大晴天。

 

 

 

 

 

 

 

 

や~気持ちいい!!!

今回はいろんな方が来てくれました。

まず設計のN先生と奥様が、手づくりキッシュをもって参加。

 

 

 

 

 

 

 

これから始まるぞー!!!(乾杯)

 

 

 

 

 

 

 

 

おにぎりとスーパーのコロッケだったランチが一気に豪華。

キッシュ、美味しかったです。

頂いたテーブルクロスは、3日間使わせてもらいました。

アウトドアテーブルの柄が気になっていたんですが、これなら問題無い。

テーブルクロスは必需品ですね。

 

腹ごしらえがすむと、まずはテントの設置。

 

 

 

 

 

 

 

 

人数が多いので、テントの設置も早かった。

初日8人+2人、2日目10人。

準備は大変でしたが、設営、片付けは手が多いので早い。

また一方では、パン作り

 

こちらは初めて。

楽しみ半分、不安半分でしたが、

料理が得意なNさんの奥様の指導のもと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとなんと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと焦げましたが、問題なし。

おいし~

パンの神様(Nさん)ありがとうございました。

 

湖で遊び、

 

 

 

 

 

 

 

 

焼きそば作って、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼き鳥を焼いて、肉を焼いて、たくさん話して飲んで1日が終わりました。

 

・・・

キャンプの朝は早い。

が、夜中から6時半まで激しい雨。

そしてその後は、太陽がまぶしい朝。

 

 

 

 

 

 

 

 

元珈琲屋さんがコーヒーをおとし、

右のテントでは、朝食のポトフ作り。

左のテントでは、第2弾のパン作りの準備。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回初めて使った、パン焼き器。

美味しそうに焼けますね。

「私のゴハンも忘れないでよ〜ワン」

 

 

 

 

 

 

 

 

頂きま〜す。

2日目が始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「早く湖行きたいんですワン」

つづく・・・

_______________________________________

仕事が終わると、自宅のリフォーム、休む間もなく仕事・・・

慌ただしく過ぎ、

「あらっ、暑い!」「もう夏!」

と、この時間の速さは、歳をとっている証拠なのでしょう。

 

「今はキッチンリフォーム中で、段ボールの山。寝る場所もないから、遊びに来れないよ。きれいになったら来てね。」

母と電話で話していると、

「キッチン作れるんなら、あんた、うちのキッチン直せないかしら。

システムキッチンの交換なんだけど」

 

といわれても、システムキッチンってどこで買うの?って感じの私。

母の見積もりを見ると、100万円近い~!!!

おー、高いんですね。

変なお買い物になったら私もショックなので、私が引き受けることにしました。

75歳になる母。昨年父が亡くなり落ち着いてきたようで。

「年齢を考えたら、少しでも早く変えてあげないと。」自分の家よりも最優先。

とりあえず、リクシル・クリナップ・タカラのショールームを見に行きました。

仕事では、オーダーキッチンばかりなので、新鮮。

引き出しは収納力抜群。便利なポケットが付き使いやすそう。さすが考えつくされています。

我が家のキッチンもこの収納力を参考に、スライド式の引き出しや、便利機能を取り入れようと思います。

そして、打ち合わせは電話。

といっても、父が亡くなるまでは、水と油。旦那がいないと穏やかにいれない感じ。

「もーいい。別に!」と話を終わらせることが多々。

今回初めて、母と向き合い、じっくりと話をしたような気がします。

たまに切れ気味で電話を切られる事もありましたが、少し経ってから、「あれってさ、・・・」と冷静になって電話が来たり。色々な面をしれました。また、年配者の対応も少し勉強。

 

before

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングからキッチンの中がよく見える窓がついています。

が、中がごちゃごちゃしているため、カフェカーテンで中が見えないようにしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンの中は狭く、とりあえず食器棚。

ちょっと前の既製品は、800㎜の幅が多いのです。

レンジの脇など、デットスペース。

炊飯器の引き出しは出がすくないため、蒸気が棚に当たらないよう、横向きで入っていました。

 

気持ちの良い、ホッとするキッチンにしますよ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁は珪藻土。

母は、掃除が楽なキッチンパネル、クロスがいいと言いましたが。

レンジ周りはキッチンパネルにしましたが、それ以外は、珪藻土。自然素材はやっぱりぬくもり

があります。わかってくれるかな~。

ここはマンションなので、遮音フローリング・直貼りというものを選びます。

最近、多くなったふにゃふにゃする床です。

一般的に、1ミリくらいの板が張られている床材が多いのですが、どうしてもそれにお金を出したくない。キッチン部分は1束で足りる広さだったので、値段は倍しましたが、無垢材を使っているタイプのものにしました。

クリアー塗装。

このシリーズにもオスモ塗装がでていました。

以前よりも自然塗装にする方が増えてきたんですね。

 

after

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングから見える景色。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンクの上の棚はなくしました。

歳をとったら、高い部分は使わないし、使わないものを保管しているだけ。

断捨離してもらいました。

木を張り、無垢材の棚に鉄のこぼれ止め。

手のぬくもりを感じられるものがないと、ただキッチンがきれいになっただけです。

愛着が起きないと思います。

棚板には、LEDのセンサー照明を仕込んであります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食器棚はフルオーダー。

炊飯器とオーブンレンジを並べておきたい。でもキッチンは狭いので、ぎりぎりのサイズで。

横幅940㎜ 奥行450㎜ 高さ2050㎜

既製品にはない、場所に合わせ、使い勝手を生かしたオリジナル棚。

母にとっては初めてのオーダー家具。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

炊飯器は引き出して使用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上部の棚。横幅(940㎜)が広いので、棚板は固定式にさせてもらいました。

一番上は、お重箱が入る高さ。

母と弟の2人暮らしなので、使うお皿も少ない。たくさん断捨離してもらいました。

システムキッチンでは当たり前になっている、耐震ラッチ(地震で揺れると開かないラッチ)を取付。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下部の棚

引き出しは、お茶碗と湯飲み、コップ入れ。

左:梅酒の瓶、米びつ

右:可動式棚。

幅が広いので、収納も使い勝手もよさそう。

 

私にとり初めてのシステムキッチン工事。

マンションの排水工事など、初めての事でてこずりました。

施工は3日間でと考えてましたが、5日間かかってしまいました。

手間代ぐらい出ればと思いましたが、私の見積もりの甘さで。。。自分の分は出ませんでした。

母親からは、お金をいただけないということですね。(笑い)

今まで散々応援してもらったので、当たり前か。

お陰様で、フルに親孝行プレゼントになりました。

母が元気な時にできてよかった。

5日間は、朝・昼・晩と母と一緒にご飯を食べ、こんなことも今までなかったので一緒に過ごせてよかった。

母が歳をとってきている事を身をもって感じました。

やっと疲れが取れたようで、毎日喜びのメールが入りうれしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Buddyもお疲れ様。

5日間、仕事中は全く鳴かないし、大人しい。

いい子だったね。

寝る前、裏の薬局に行き、そこで一番おいしそうなおやつを買って食べた事が、1日の楽しみだったね。

_________________________________________